理想のバストサイズを考える

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

胸の大きさで悩む人へ

胸の大きさは人によって違います。
大きい人もいれば小さい人もいますし、男性から見ても女性から見てもベストサイズであると思われるような形の良い胸の人もいます。
胸の大きさは個性ですから、自分の胸の大きさを受け入れることができれば良いのですが、中には、胸が小さくコンプレックスとなってしまい、自分に自信が持てないという人もいます。そんな場合にはバストアップ法を行ってみましょう。胸の大きさが若干でも大きくなれば、コンプレックス解消となりますし、自分に自信が持てるようになります。何もしないで悩んでいても改善策にはならないのです。自分の理想の胸の大きさまで持っていくことは難しかったとしても、サイズアップをすることができれば、今までよりもファッションを楽しむことができるようになりますし、目線を下げて歩く必要もないのです。
バストアップ法の様々な方法を取り入れると、10代であれば、女性ホルモンを活発にすれば、一気に2サイズ、3サイズのサイズアップが可能となると言われています。30代40代であっても、思春期程のサイズアップは無理であったとしても、スタイルを良く見せるようにすることは確実に可能となりますから、バストアップ法を取り入れた生活を送ってみましょう。バストアップ法が成功するまでは時間がかかりますから、少しでも早く始めることが大切ですし、継続して行うことが必要となります。美容は諦めたらそこで終わりです。女性であるならば、女性らしいスタイルを目指して努力してみましょう。

理想とされるバストの形とサイズ

胸には理想とされるバストの形やサイズがあります。
理想とされる胸の形やサイズの場合、スタイルが良く見えます。
バストアップ法をする場合には、一般的に理想とされているサイズや形を目指し、自分の胸を鏡で見ながらチェックしてみましょう。
女性から見て理想とされるバストの形はお椀型と呼ばれる胸の形です。乳首と乳首を結びデコルテの真ん中と線で結ぶと、正三角形になるのが乳首の位置が綺麗に見える場所となります。ブラジャーなどで補正をした状態ではなく、裸の状態で、お椀の形がしっかりとしている方が、理想です。
男性から見た理想のバストの形は、人によって様々です。巨乳好きの人もいれば、手のひらに収まるくらいのサイズが好きな人もいます。胸がない方が好きという貧乳好きもいますが、彼女にしたい女性の中で一番多いのはやはりお椀程度の大きさの片手で覆うことができるようなサイズが理想となります。
身長によっても胸の大きさには理想とされるサイズがあります、身長が小さい人の場合、お椀型の胸のサイズであると、巨乳と思われてしまう場合もあります。計算方法としては身長×0.53をすると、自分の理想のバストがはじき出されます。身長160センチの人の場合、160×0.53で84センチ程度が理想のバストのサイズとなりますので、身長に合わせたサイズを計算してみるのも良いでしょう。いくら理想のバストサイズであっても、乳首の位置が低かったり、胸が垂れてしまっているのであれば、バストアップ法を取り入れるようにしましょう。

少しでも早くバストアップ法がしたい場合には

バストアップ法をするためには、長い期間が必要となります。
高価なサプリメントを摂取したとしても、翌月急激に胸が大きくなるということはありません。女性ホルモンを活発にすることで、バストアップ法をする場合には、脂肪が作られるまでの期間も必要となりますし、筋力アップをしてバストアップ法をする場合にも、筋力は1日でつくわけではありませんから、どんな方法を取り入れたとしても時間がかかるのです。
すぐにでも胸を大きくしたいと考えるのであれば、方法としては美容整形を取り入れる方法しかありません。美容整形で一番簡単な方法は、ヒアルロン酸を注射で胸に注入してもらう方法となります。傷痕が残るわけでもなく、その日から普通通りの生活ができますから、来週友達と温泉やプールに行くことが決まった時や、彼氏とお泊りをすることになった時など、すぐにバストアップ法をすることが可能です。
美容整形に通わずにバストアップ法をする場合には、バストアップ法に効果がある方法を短期集中でたくさん取り入れるしかありません。マッサージを行い、筋力アップをする、サプリメントなどを利用し、女性ホルモンに効果があるとされるプエラリアを摂取する、規則正しい生活と、バランスの摂れた食生活を意識してみましょう。すぐに効果がでるとは言い切れませんが、何もしないで当日を迎えるよりは、バストアップ法ができるかもしれないという期待を持つことができます。バストアップ法は継続することが一番大切ですから、胸が小さくて悩んでいる場合には、早い時期からバストアップ法を取り入れるようにしましょう。

バスト付近の脂肪をバストに変えるには

バストアップ法をする場合、胸の脂肪を増やす方法として、胸の周りの脂肪を胸に引き寄せるという方法があります。脇や背中に流れてしまった脂肪や、胸の下にある脂肪をブラジャーの中に閉じ込めてしまうというやりかたです。胸の回りの脂肪は、胸であると認識させることで、徐々に脂肪の位置がずれ、胸の脂肪に変わると言われています。そのため、毎日ブラジャーをつける時には、前かがみになり、背中の方から脂肪を寄せながらブラジャーの中に閉じ込めるということを続ける必要があるのです。胸の周りの脂肪を引き寄せるためには、できるだけ胸の周りの脂肪分を柔らかくしておくことが大切であるとされています。日頃からマッサージを入念に行うことが大切ですし、ブラジャー選びも非常に重要です。いつもより若干大き目のサイズのブラジャーを選び、脂肪を集めた時に、ブラジャーに谷間ができるような状態を作ることができるようなサイズを選びましょう。アンダーサイズが緩すぎると、集めた脂肪分がすぐに逃げてしまいますから、ぴったりとしたサイズを選ぶ必要がありますが、きつすぎると、血流が悪くなり、バストアップ法の妨げになると言われていますから、アンダーの部分は、伸縮性が優れているような物を選ぶと良いでしょう。脇や背中にながれてしまった脂肪に、あなたは胸の脂肪、と心の中で唱えると良いといわれています。心の中で唱えるだけですから、恥ずかしいと思わずに、是非取り入れてみましょう。

自分に合った下着を選ぼう

バストアップ法をするためには、下着選びは非常に大切です。
ブラジャーには様々な物が販売されていますから、ワイヤーが入っているタイプや、ワイヤーが入っていないタイプ、カップが半分程度の物から胸をすっぽり覆うことができるフルサイズ、矯正下着など、選ぶことも大変であるとされています。
自分にあった下着を使わないと、血流の流れを悪くしますし、胸の形も悪くなってしまいますから、自分の胸のサイズに必ずあったブラジャーを使うようにしましょう。
どのブラジャーが一番バストアップ法の効果があるのかといっても、人によって違います。フルカップのブラジャーを利用し、胸の周りの脂肪分を閉じ込めるという人もいれば、ハーフカップのブラジャーを使い、胸の形を良く見せることでバストアップ法をする人もいます。寝る時には、ノンワイヤーのブラジャーを利用し、胸が流れてしまうのを防ぎつつ、圧迫はしないという方法もバストアップ法には効果的です。
自分に合った下着がわからない場合には、量販店などで、専門の人にサイズを測ってもらうと良いでしょう。最近は少なくなりましたが、デパートなどでは、下着売り場に専門のスタッフがいるところもあると思います。洋服の上や、ブラジャーの上から計測してもらうのではなく、裸になった状態で、正しいサイズを測ってもらうことが重要です。人によっては、胸のサイズに違いがある人もいますから、そのような時の対処法も含め、専門家の意見を参考にすると良いでしょう。

胸が垂れてしまう原因とは

歳をとると、胸がない人でも、大抵の人の胸が垂れてしまうと言われています。
なぜ垂れてしまうのかというと、胸の脇についているクーパー靭帯という筋が伸びきってしまうからなのです。クーパー靭帯は、一度伸びてしまうと、元に戻ることはありませんから、クーパー靭帯を大切にしなければいけないのです。
クーパー靭帯が伸びてしまう原因は、加齢の他にも、マラソンやジョギングなどを頻繁に行う人や、胸を大きく揺さぶったりする行為により、伸びてしまうとされています。ゆさゆさと胸をゆするような行為により、クーパー靭帯が伸びてしまうのです。バストアップ法をしたいと思っていても一度クーパー靭帯が伸びてしまうと、乳首の位置を前の位置に戻したいと思っても元に戻すことができなくなってしまいますから気を付けましょう。マラソンやジョギングをする時には、なるべく胸を抑えることが必要です。その時ばかりはバストアップ法の為に、大きく見せたり、胸に脂肪を引き寄せたりする必要はありません。クーパー靭帯を守ることの方が大切です。
クーパー靭帯を守るためには、筋力アップも大切となります。胸の周りの筋肉を鍛えることで、クーパー靭帯を守ることができるとされていますし、伸びてしまったクーパー靭帯のためだけではなく、胸の位置が下がってしまった人にも、筋力アップは効果があるとされていますから、腕立てや腕回しなど、簡単な方法で、胸の周りの筋力アップを目指してみると良いでしょう。

PAGE TOP