バストアップ法に効果的な方法とは

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

運動によりバストアップ法をする

バストアップ法をするには、運動をすることも必要です。
大胸筋を鍛えることで、胸を引き上げる効果がありますから、乳首の位置が高くなり、バストアップ法に効果がるとされているのです。バストアップ法に効果的であるとされる運動は、有酸素運動と呼ばれる、マラソンやウォーキングではなく、ストレッチや、筋トレなどが基本です。ストレッチをしながら、血流を促すことで、胸の血流を良くしてバストアップ法を目指す方法と、筋力アップをして、胸を大きく見せる方法のどちらかになります。筋力アップをする場合には、簡単な方法ですと、肩回しを100回以上行うという方法です。毎日必ず前後に100回以上回すと、筋力アップにつながりますし、血流も良くなります。この方法の場合、初日、次の日は確実に筋肉痛に悩まされますが、痛くても諦めずに続けることが大切です。比較的早い段階でバストが大きくなった変化を感じることができる方法となります。
他にも、腕立て伏せや、合掌のポーズで力を入れる方法など、大胸筋を鍛える方法は様々です。
バストアップ法のための、運動はほどほどにすることが大切です。やりすぎてしまうと、女性らしいラインを保つことができなくなってしまいますし、筋力をつけすぎてしまうと、脂肪を燃焼してしまう事になりますから、せっかく胸に脂肪が集まってきたとしても、筋肉により燃焼させてしまう可能性があるからです。運動によるバストアップ法は効果が高いとされていますが、適度に行うことが大切となります。

食事でバストアップ法を目指す

食事の内容を変えることでバストアップ法につながる場合もあります。
食べ物の中には女性ホルモンに近い働きをしてくれるものや、女性ホルモンの手助けをしてくれるような食べ物がたくさんあります。
その1つとして有名なのが、大豆です。大豆と関係のあるイソフラボンは、エストロゲンと似たような働きをするそうです。そのため、大豆を多く摂取することで、女性ホルモンの働きが活発になり、胸が大きくなるとされているのです。納豆であれば、1パック、油揚げであれば半分程度で、1日の摂取量となります。
女性ホルモンの分泌を高めてくれる食材もあります。キャベツや海藻類などに多く含まれているとされる、ボロンという成分です。ボロンは、熱に弱いので、生で摂取をすると、高い効果を発揮することができます。若い世代の時に、生のキャベツを毎日たくさん食べると、巨乳になることができるとされています。
良質なたんぱく質もバストアップ法を目指すには大切です。胸の脂肪をつけなければ、バストアップ法に効果を上げることはできませんから、乳製品などを摂取しながら、良質なたんぱく質を取り入れましょう。
食事からバストアップ法をする場合には、1つの食材ばかりを食べるのではなく、様々な食材の中の1つとして、色々な種類の食材を用意し、バランスのとれた食事を送ることが大切です。豆乳ばかりを飲んでいては、女性ホルモンが過多になってしまい、病気の原因となることもありますから注意が必要となります。

サプリメントでバストアップ法をする

サプリメントにより、バストアップ法をする場合には、プエラリアと呼ばれる成分が配合されているようなサプリメントがお勧めです。
プエラリアとは大豆に含まれるイソフラボンと同じような、女性ホルモンに似た働きをしてくれる成分です。タイなどの亜熱帯地方に自生している植物で、大豆のイソフラボンの40倍近いエストロゲンが含まれているとされています。
バストアップ法をする方法は様々ですが、サプリメントだけを継続している人はたくさんいます。無理がなく、いつでも手軽に服用できますし、値段もとてもお手軽になっている物が多いため、継続している人が多いのでしょう。
サプリメントは、食事から摂取するよりも確実にたくさんの女性ホルモンを摂取することができます。ですが、用法や用量を守って正しく利用することが大切です。効果がないから一度にたくさんのプエラリアを摂取してしまうと、女性ホルモンが過剰になってしまい、子宮がんや、乳がん、無排卵月経や、月経過多の症状が起きてしまう場合があります。
プエラリアはバストアップ法だけではなく、女性ホルモンが原因となる様々な悩みにも対応することができますから、更年期障害や、生理不順、月経前症候群などにも効果があります。過剰摂取さえ注意すれば、女性の悩みを改善しながらバストアップ法をすることができますので、継続して摂取をしてみましょう。販売されているメーカーはたくさんありますから、自分に合ったサプリメントを選ぶことが大切です。

マッサージでバストアップ法をする

マッサージをすることで、バストアップ法をすることが可能です。
マッサージは、体のコリをなくし、血流を良くしますから、コリが原因となり、バストアップ法が成功していなかった人には、マッサージだけでもバストアップ法は効果を上げることができるのです。胸の周りの脂肪を柔らかくすることでも、はみ出た胸の脂肪を元に戻しやすくする作用がありますから、湯船に浸かっている時など、好きなオイルを用いてマッサージを施してみましょう。男性にもんでもらうことで胸は大きくなるわけではありません。もんでもらうことで、女性ホルモンの分泌は促されるかもしれませんが、マッサージをする場合には、外側から内側に、そして、下から上に持ち上げるように行うことが基本です。引っ張ったり、揺さぶったりしてしまうと、クーパー靭帯と呼ばれる、胸を支える靭帯に傷がついてしまい、胸が垂れてしまう可能性がありますので、エステでお腹に施術するような力いっぱいのマッサージを胸に行ってはいけません。
優しく包み込みようにすることが基本となりますので、間違ったやり方をしなければ、バストアップ法をすることが可能となりますので、試してみましょう。
できるだけ毎日継続することが大切ですが、生理前になると胸が張って痛みが出てしまう人もいますので、そのような時には1週間程度お休みをし、生理が終ってから再開をするようにしましょう。毎日楽しんでバストマッサージをすることができるように、気分によって、オイルにより、香りを変えると良いでしょう。

バストアップ法に効果的なツボ押しとは

ツボ押しをすることで、バストアップ法に効果があるとされるツボがあります。
ちょっとした時間を使うだけですから、長い時間を要するわけではありませんし、鏡の前で行うことにより、正確なツボ押しをすることができますから、お風呂に入っている時や、お風呂上りなど、鏡に全身をうつす時にツボ押しをすると、高い効果を得ることができるでしょう。ツボ押しをすることで、血行促進ができる場合もありますし、女性ホルモンの増加や、乳腺を活発にするなど、様々な作用があります。ツボの場所によって、効果が変わりますから、様々なツボを押してバストアップ法を目指してみましょう。
バストアップ法に効果があるとされているツボの中で最もメジャーとなるのが、神封と呼ばれるツボです。左右の乳首から胸の谷間にかけて結んだラインから、指2本程度、乳首側に戻った部分の両方にあります。3秒程度若干刺激を感じる程度に押し、3回を目安に行ってみましょう。神封は、女性ホルモンを活発にする働きがありますから、女性ホルモンの力により、バストアップ法をすることができます。
乳首と乳首を結んだちょうど真ん中のラインにも、壇中と呼ばれるツボがあります。人によっては若干へこみがある人もいるので、神封よりもわかりやすいかと思います。こちらも刺激を感じる程度に3秒程度続けて押すことを3回程繰り返しましょう。こちらも女性ホルモンを活発にしてくれますから、生理不順などにも効果があります。
その他にもバストアップ法に効果があるツボはたくさんありますから、様々なツボを押してバストアップ法を目指してみましょう。

美容整形でバストアップ法をする

究極のバストアップ法の方法としては、美容整形をするという方法があります。
美容整形をする場合、注射などにより、ヒアルロン酸を注入する方法や、バッグなどを手術により、入れる方法があります。どちらもすぐにバストアップ法をしたい人にはお勧めですが、手術当日に至るまではカウンセリングを行わなければいけませんし、お金もかなりの額がかかります。注射により、バストアップ法をした場合、長い年数、バストアップ法の効果があるわけではありません。体内に入れたヒアルロン酸が徐々に体内に吸収されてしまいますから、2年程度で元の胸の大きさに戻ってしまいます。バッグや、自分の脂肪を胸に入れた場合、長い期間、バストを保つことができますが、手術となりますから、しばらくの間は傷痕は残ってしまいますし、急激に胸の大きさが変わってしまうため、美容整形でバストアップ法をしたことが知り合いや彼氏、家族にばれてしまう場合もあります。
メスを入れてバストアップ法をした場合、元の胸の大きさに戻ることはできません。小さい胸に戻りたいという人はほとんどいないかと思いますが、女性の場合、出産や妊娠を考えている人も少なくありません。美容整形でバストアップ法をした場合でも、妊娠や出産に影響はないとされていますし、母乳もちゃんと出ると言われていますが、母乳の出が悪いと、手術のせいではないかと考えてしまう場合もありますから、美容整形でバストアップ法をする場合には、妊娠や出産の事も頭に入れてから行うようにしましょう。

生活習慣の改善によりバストアップ法を目指す

生活習慣が乱れていると、女性ホルモンに乱れが生じてしまう事が多くなります。バストアップ法をするためには、女性ホルモンをたくさん分泌した方が良いとされていますから、正しい生活習慣を取り入れてみましょう。
睡眠不足になることで、ストレスも溜まりやすくなりますから、自然と、女性ホルモンの分泌が少なくなってしまう場合もあります。サプリメントを使わずに、女性ホルモンを活発に働かせるためには、バランスの摂れた食事と、規則正しい生活が一番であると言われています。
女性ホルモンは、夜寝ている間に、多く分泌されます。特に夜10時から深夜2時までの時間帯が一番女性ホルモンが活発になるとされている時間ですから、その時間に睡眠をしっかりととっていることが大切となります。体が疲れすぎていると中々眠れなかったり、ストレスが溜まっていることで、眠りについてもすぐに起きてしまい、眠りが浅い状態が続いてしまう人もいます。そんな時には眠る前に、ストレッチを行い、体の血流を促してみたり、足湯をして、体の芯まで温めるという方法や、ゆっくりとぬるめのお風呂に浸かるという方法も良いでしょう。寝る前はできるだけ室内の照明を落とし、のんびりとした時間を過ごすことが大切です。寝る前にゲームや、パソコン、携帯などを使ってしまうと、脳に入眠する準備ができておらず、中々寝付けなくなってしまいますから、良質な睡眠を取るためには、寝る前の一工夫が大切となります。

姿勢を変えることでバストアップ法を目指す

猫背の人は自然と、お腹が二段腹になってしまい、スタイルが悪く見られてしまいがちです。前から見ても後ろから見ても、どんなに胸が大きくても、猫背であれば、スタイルが良いとは思われません。胸が小さいことがコンプレックスにより、猫背になってしまっている人もいるかと思いますが、胸が小さくても、お腹が出ていても、背筋を伸ばすことは非常に大切です。背筋を伸ばすだけで、猫背の時よりも確実に胸は大きく見えるのです。
なぜ背筋を伸ばすことだけで胸が大きく見えるかというと、背筋を伸ばすことで、お腹にくびれができるからです。くびれが見えることで、メリハリのあるボディになることができますから、自然とバストアップ法にもつながるのです。
今までお腹や、背中についていた脂肪を、胸の方へひきよせ、胸の脂肪に変えるためには、自分にあった下着を使うことと、背筋を伸ばすことが大切です。どんなに自分にあった下着をつけていても、猫背になってしまえば、胸によせた脂肪は下へ逃げて行ってしまいますから気を付けましょう。自分に自信がなくても、背筋を伸ばし、スタイルを良く見せることで、見られているという意識が強くなりますから、美への意識も高まりますし、バストアップ法を目指して、様々な方法を取り入れることも検討するようになるでしょう。胸が小さくても、背筋が伸びている人は堂々としていて、かっこいいという印象を誰しも持つと思いますから、自分がどんなスタイルであっても、猫背ではなく、背筋をのばして生活をしましょう。

PAGE TOP