バストアップ法で失敗しないために

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

バストアップ法でどのくらいのサイズアップができるのか

バストアップ法を行うことで、胸のサイズが大きくなるかと思いますが、どのくらいのサイズアップが望めるかは、人によって様々です。バストアップ法のどの方法を取り入れるかにもよって変わりますが、バストアップ法が成功したと感じる人の場合、現在使っているブラジャーが小さくなることで、バストアップ法が成功したと思う人が大半ですから、1カップ以上のサイズアップを期待することができるでしょう。中には、2カップ程度大きくなると言う人もいますが、成長期ではない時期に、美容整形などの方法を取らず、自分自身でバストアップ法をした場合には、巨乳と呼ばれるほど大きくなるということはあり得ません。胸のふくらみをアップすることができたとしても、急激に胸の脂肪を増やすことはとても難しいと言えます。体重を増やし、体中の脂肪分をかなり増やしてから、胸の脂肪だけを残してダイエットをするという人も稀にいますが、ダイエットは過酷ですし、胸の脂肪を残すことはとても難しいとされていますから、バストアップ法をする場合には、1カップのサイズアップを目標に取り組んでみましょう。
体には個性がありますから、胸に脂肪が付きにくい体質の人もいれば、女性ホルモンを活発にさせても、胸が大きくならない人もいます。確実に誰しもバストアップ法をするという方法はなく、人によって、バストアップ法の方法は違いますから、様々なバストアップ法を試しながら、自分の胸に効果があるバストアップ法を探し出しましょう。

胸はもまれると大きくなるのか

昔から聞かれることですが、胸を男性にもんでもらうと胸が大きくなると言われていますが、本当に大きくなるのでしょうか。実際、胸をもんでもらうことで、大きくなるということはありません。バストアップ法に効果があるマッサージというのは、リンパの流れにそって、血流を促す行為となりますから、ただやみくもに揉めばよいわけではないのです、背中の肩甲骨から脇、脇から胸にむかってリンパの流れにそって、そして下から上にと、意識して男性にもんでもらうということは、情事の最中には難しいと言えますから、胸をもんで大きくするということはできません。ですが、好きな男性に胸をもんでもらうと、ドキドキしたり、かわいく見せたい、綺麗に見せたいと感じる人が多いかと思います。そのような気持ちがたくさん湧き出てくると、女性ホルモンが活発になりますから、胸が大きくなる可能性があります。特に初めての相手であったり、大好きな相手である場合には、女性ホルモンが活発になりますから、そのおかげで胸が大きくなると言う人もいます。
好きな男性にバストアップ法のマッサージをしてもらうという方法も良いでしょう。女性ホルモンを活発にしながら、リンパの流れを良くなるようにマッサージをしてもらうととても効果的です。胸のマッサージはオイルなどを使い、優しく行うことが基本ですから、アロマを用いながら、気持ちがリラックスできるような環境を作り、バストアップ法に効果的であるマッサージを行ってみると良いでしょう。

バストアップ法が成功しない人とは

バストアップ法が成功しない人のほとんどが、すぐに諦めしまう人が多い傾向です。
バストアップ法はすぐに効果が出るわけではないので、継続して数か月間行わなければいけないのにも関わらず、1か月継続して効果がでないからやめてしまうという人は少なくありません。その他にも1つの方法だけに頼り、生活の改善や食生活の改善などを全く行わない人の場合にも、バストアップ法をすることは難しいと言えるでしょう。ツボ押しだけやっている人、マッサージだけを行っている人など、バストアップ法をするための努力が足りないために、バストアップ法をすることができないのです。バストアップ法は複数の方法を取り入れた方が確実に早くバストアップ法を成功させることができますので、様々な方法を取り入れてみましょう。中には、冷え性が原因となり、バストアップ法が成功していない人もいます。冷え性が進んでしまうと、女性ホルモンの分泌が抑えられてしまいますし、血流の流れが悪くなりますから、胸に栄養が届きません。栄養分が上半身にまで届かず、下半身だけで止まってしまうと、胸が大きくならずに、下半身太りの原因となってしまうのです。
様々なバストアップ法の方法を試しても中々効果が出ないという人は、半身浴などを取り入れ、冷えを解消してみると良いでしょう。冷えを解消するとバストアップ法に効果があるだけではなく、体調が良くなりますし、免疫力のアップも期待できます。冷えは様々な病気の原因ともなりますから、日頃から冷えない体作りと目指しましょう。

ダイエットでバストを小さくしないためには

ダイエットをしながら胸の大きさを保ちたいという人はたくさんいます。
バストアップ法に効果がある方法を取り入れながら、バストアップ法をすれば、胸の脂肪を減らさずにダイエットを成功させることもできますが、ダイエットに効果的な有酸素運動などを行うと胸の脂肪も燃焼させてしまい、小さくなってしまうこともあるでしょう。
ダイエットをしながら、胸を残すためには、バストアップ法のマッサージや、女性ホルモンを活発にさせる食べ物などをたくさん摂取すると良いとされています。サプリメントを利用するのも良いでしょう。
お腹の脂肪を減らしたい場合には、腹筋をする、足を細くしたいのであれば、その部分に合わせた筋トレを行うと、胸の脂肪を落とさずに、筋力アップによる代謝アップでダイエットは成功します。かなりの体重を落としたい場合には、胸の脂肪を残しながらダイエットをするのは非常に難しいのですが、体を引き締めたいと思っている場合には、正しいブラジャーをつける事や、背筋を正しながら胸筋をアップさせることなどで、胸の形や脂肪を維持しながら体重を落とすことも可能です。ダイエットをする時には、必ずバストアップ法に効果があるとされる方法をいくつか取り入れ、ダイエット以上にバストアップ法にも力を入れながら行うことが大切です。ダイエットもバストアップ法もどちらも成功させるためには、長い道のりとなりますが、諦めずに継続する必要があるのです。

授乳後のバストの変化を知る

産後の女性は大抵の人が胸が大きくなります。授乳をするのであれば、その大きさを維持することができますが、産後授乳をしないと、すぐに元の大きさに戻ってしまいます。元の大きさに戻るだけであればまだしも、授乳した後の胸は小さくしぼんでしまい、今までよりも、サイズダウンをしてしまう人もたくさんいますし、胸が垂れてしまったという人もたくさんいます。子どもを生む人数が増えれば、それだけ垂れてしまったりしぼんでしまうため、子どもを生むたびにバストのサイズが小さくなってしまうという人もいます。
産後、授乳後に、垂れてしまう胸を作らないためにも、できるだけ産前からバストアップ法に効果がある方法を取り入れましょう。産前でもできるのは、バストアップ法マッサージです。乳首を刺激してしまうと、お腹が張ってしまう原因となりますから、できるだけ背中や脇などから胸に向かってマッサージをするようにすることが大切です。授乳後の胸は皮がたれてしまいますから、垂れた皮を少しでも改善するためには、美容クリームなどをしっかりとつけることや、大胸筋を鍛えることが大切です。産前に腕立て伏せをすることはできませんから、お腹に負担がかからないような方法で大胸筋を鍛えることが大切です。産後もすぐに筋トレを始めてしまうと、体の戻りが悪くなってしまいますから、体の調子が戻ってからのケアでも間に合いますから、胸にハリをよみがえらせるように努力してみましょう。何もしなければ垂れたままの胸ですが、ケア次第では改善することが可能となりますので、試してみましょう。

間違ったバストアップ方法とは

バストアップ法を失敗してしまっている人もいます。間違ったバストアップ法を継続していると、バストアップ法ができないばかりか、胸が小さくなってしまうこともあります。
補正下着を利用してバストアップ法を目指す場合、きつすぎる下着を着用することで、血流が悪くなってしまい、胸まで栄養や女性ホルモンが行き届かないという人もいます。下着はきつい下着を使って胸の脂肪をはみ出さないようにするよりも、伸縮性が高いものを利用し、胸の部分は、様々な脂肪を集められるように若干大き目にし、アンダーをぴったりサイズにする方が良いとされています。
マッサージ方法にも注意が必要となります。強くもんでしまうと、脂肪が刺激され、燃焼されてしまいます。エステでお腹にマッサージを行う場合には、脂肪を刺激して、燃焼しやすくさせるのと同じで、胸に刺激を与えてしまうと、バストアップ法どころか、胸が小さくなってしまう原因ともなりますから注意しましょう。お相手の男性に強い力でもまれてしまう事で、胸が小さくなってしまう場合もありますので、気を付けましょう。
バストアップ法に効果があるとされる食べ物ばかりを摂取するのも間違ったバストアップ法です。特に大豆やキャベツばかりを食べて他の栄養素を摂取しないと、健康的ではありませんし、体調を崩す原因となります。体が健康ではなければ、女性ホルモンの分泌は活発になりませんし、冷え性が起こり、血流が悪くなってしまう原因となりますので気を付けなければいけません。

PAGE TOP